[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り|たろちゃんネット
エンタメ

東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り

東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り3

こんにちは
たろちゃんです(*’ω’*)

 

 

東京MER

いよいよ
アツい展開になってきました(*‘∀‘)!!

 

 

次回最終話の東京MER!!

 

 

第10話では東京MER始動後、
初の死者1名。

 

 

非情なことに・・・
東京MERチーフ・喜多見幸太の
妹の涼香(佐藤栞)でした( ゚Д゚)

 

 

心臓が止まった妹・涼香を前に

 

 

『涼香ぁー!!戻ってきてくれ!!
にぃちゃん涼香がいないと何もできないんだ!!!』

 

と涙を流しながら泣き崩れる
喜多見チーフには視聴者全員が
もらい泣きをしたと言っても過言ではない(*_*)

 

 

私も号泣。

 

 

お兄ちゃんに
電話したくなりました( ;∀;)
(たぶんしてもスルーされるだろうけど←)

 

 

第10話で喜多見チーフの
幼少期の銃撃事件の映像が流れました。

 

 

今回は1話で放送があった
喜多見チーフの幼少期の銃撃事件や
硬い絆で結ばれた妹・涼香とのエピソードについて
まとめていきたいと思います!!

 

 

最終回の前に
必見の記事です!(^^)!

 

東京MER・喜多見の過去と経歴まとめ

東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り(出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1dd3264eda48304bc417754737cfe6fcc314d6b7/images/000)

 

まずはドラマでも度々紹介されている
喜多見チーフの経歴について▼

 

 

【経歴】
2010年5月 ニューヨーク医療大学 卒業
2010年6月 ニューヨーク市民病院にてレジデントとしてERに配属
2016年3月 日本の医師免許を取得
2016年6月~2020年5月
国際医療機関の医師団に所属
2020年   〈空白の1年〉
2021年7月 TOKYO MER 配属

 

2010年5月:ニューヨーク医療大学 卒業

 

喜多見チーフの生年月日は
1983年4月25日
現在38歳です。

 

 

喜多見チーフはアメリカの医療大学卒業なので
日本とは少しシステムが違います(*‘∀‘)

 

 

日本は高校卒業後6年間医学部の大学に通い
国家試験に合格したら初期研修医です。

 

 

なので大学卒業は24歳ですね(#^^#)

 

 

ですがアメリカの医学部は
システムが日本と大きく異なり
一般的な学部を4年間卒業後、
MCATという試験にパスした後に
メディカルスクールへの入学が許可されます。

 

 

留年しなかった場合でも
メディカルスクールは4年間

 

 

卒業して国家試験に合格後、フェローシップ
(日本でいう研修医)に入ります。

 

 

つまり日本より2年間
在学年数が長いことになります(^_^)/

 

 

卒業は26歳。

 

 

喜多見チーフも26歳(27歳の年)に
メディカルスクールを卒業しているので
浪人や留年なしのストレートで
卒業していることになります(*^^)v

 

2010年6月 ニューヨーク市民病院にてレジデントとしてERに配属

 

これは日本で言う(初期)研修医。

 

 

日本の初期研修は2年ですが
アメリカの研修期間は3年。

 

 

なので研修医期間をがっつり
ERで過ごしたということになります(*’▽’)

 

2016年3月 日本の医師免許を取得

 

アメリカの医療大学を卒業後
アメリカの医師免許を取得した喜多見チーフ。

 

 

医師免許は国家資格になるので
日本で医師として仕事をするためには
日本の医師国家試験に合格する必要があります!(^^)!

 

 

厚生労働省のHPにも

 

 

外国の医学校を卒業し、又は外国において医師免許を得た者

書類審査&日本語診療能力調査の後に
医師国家試験受験資格が与えられます。

 

 

その後は医師国家試験に合格すれば
医師免許が与えられるといった流れです(*’▽’)

 

 

国家試験2回も受けるなんて凄すぎやろww

 

 

もはやここまでですでに
尊敬の念しかありません。。。

 

喜多見チーフの幼少期

 

ここまで医者として努力し続け
現場でも自らの危険をかえりみず
患者の命を救うという姿勢( ;∀;)

 

 

喜多見チーフがここまでアツい想いを
持っているには理由があります(*´Д`)

 

 

喜多見チーフが幼少期のある事件。

 

 

子供のころアメリカのショッピングセンターで
銃撃事件に巻き込まれてしまいます( ;∀;)

 

 

そして両親が目のまえで
亡くなってしまう。

 

 

「誰か、母をお願いします!!」
と叫んでいる幼少期の喜多見チーフ。

 

 

近くに医師がいたら・・・。

 

 

母親が助けられなかった過去から、
現場に行きすぐに患者を診ることで、
患者の命を救う医師になりたいと、
紛争地に出向いて医療行為をしたり、
危険と隣り合わせでありながら東京MERに所属。

 

 

これは第1話で赤塚都知事(石田ゆり子)が
会議で公表した内容。

 

 

ちなみに赤塚は事件当時
記者として現場にいたそうです。

 

 

これが喜多見チーフのルーツなんですね( ;∀;)

 

東京MER・喜多見と妹・涼香とのエピソード

東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り1(出典元:https://mantan-web.jp/article/20210827dog00m200079000c.html)

 

 

溺愛の妹・涼香との関係性ですが、
幼少期にアメリカ銃撃事件で
両親を亡くしている喜多見チーフ。

 

 

その後は妹・涼香と2人で生きてきました(*_*)

 

 

18歳で大学に入学してから26歳で卒業するまで、
26歳から医師として仕事を始めてからは一層、
家のことなんでしている時間はなかったんでしょうね(◎_◎;)

 

 

38歳の今でも妹の涼香に
着替えを持ってきてもらったり
食事を作ってもらったり
まるでお母さんのような妹(*’▽’)

 

 

第1話では東京MERメンバーに
食事をふるまった
クッキーの差し入れをしたり、
元妻の高輪千秋(仲里依紗)との復縁を
取り持とうとしたり(笑)

 

 

おかあさん顔負けの世話っぷり(*’ω’*)

 

 

そんな妹の存在をありがたく思っている
喜多見チーフ。

 

 

唯一の家族であり、
幼少期に守れなかった両親に変わり、
妹だけは絶対に幸せになってもらいたいという
喜多見チーフの兄として親代わりとしての
アツい気持ちもドラマからひしひしと伝わってきます(*^^)v

 

 

こんな仲いい兄弟羨ましいなあ(*’▽’)

 

 

そんな兄弟の仲を引き裂くマリオット椿。

 

 

なんで涼香なんや!!!

 

 

もっと偉い議員とかでよかったやろぉーーー!!!!

 

東京MER喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘り2(出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1d10fb35682aa0b6cf1df3bab422e3deb2716806)

 

怒りと悲しみが抑えられへん(;O;)。。。

 

東京MER・喜多見の過去と経歴まとめ!妹・涼香とのエピソードを深掘りまとめ

 

いかがだったでしょうか(*_*)

 

 

いよいよ次回最終回の東京MER。

 

 

喜多見チーフの大切な妹を奪った
テロリスト・マリオット椿。

 

 

まっすぐに実直な喜多見に
世の中の不条理を教えたかっただとぉ!?!?

 

 

許すまじ!!!

 

 

この怒りと悲しみと不条理に
喜多見チーフが医師として
どのようにケリをつけるかが
気になるところ。

 

 

最終回。
待ちきれない!!!

 

 

最終回予想はコチラ▼

東京MERの最終回の結末を考察!空白の1年とは!?映画化が決定!?5
東京MERの最終回の結末を考察!空白の1年とは!?映画化が決定!?こんにちは たろちゃんです(*'ω'*) 今回はドラマ狂のたろちゃんによる 日曜劇場『東京MER~走る救急救命...

今回はこの辺で。

 

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください